GMOクリック証券の年末年始営業で気を付けておきたい2つのポイント

GMOクリック証券の年末年始営業について。
GMOクリック証券での取引も、残す所あと残りわずかとなりました。
今年最後の餅代稼ぎ、是非取りこぼしのない様にしておきたいものですね。

さて、年末年始にGMOクリック証券でバイナリーオプション取引をする場合に
気を付けておきたいことが2点あります。
その2つのポイントについてご紹介します。
その1つは、言わずもがなの年末年始の特別進行。

GMOクリック証券の年末年始バイナリーオプション
営業のスケジュールを確認しておきましょう。
年末年始は平常時と違い何かと不規則な営業となるので注意しましょう。
2014年12月29日(月)以降、
GMOクリック証券は12月29日(月)、30日(火)、31日(水)は通常通り営業します。
31日は取引が可能。明けて1月1日は休業日となっています。

GMOクリック証券の年始の営業再開は、1月2日(金)から。
3日(土)、4日(日)は週末であるので通常通り休業。
1月5日(月)は平常通りの取引が可能。
以上が、年末年始のGMOクリック証券の営業スケジュールとなります。

GMOクリック証券の年末年始の取引注意点

本日以降、GMOクリック証券の年末年始営業については、
1月1日を除き通常の営業とスケジュール的に変化はないと考えて良いでしょう。
取引時間の短縮などもありません。
ただ、注意して頂きたい事項として、12月23日から1月5日までの間は、
状況によりトレードに制約がつく場合があるということです。
期間中、多くのファンドや、投資機関が休暇をとるので、
市場の取引量が急減します。

このため、GMOクリック証券についても、取引を正常に成立させるための
流動性が確保できずにカバー取引ができなくなるケースも想定しています。
その結果、レート提示ができなくなるという状況もあるそうです。

その様な場合には、
GMOクリック証券でのオプション新規購入ができなくなりますので、ご注意下さい。
気を付けておくべき2つ目のポイントとは、
上記の様に「流動性が大幅に低下する」ということです。
取引上の制限だけでなく、レートの値動きも普段とは違ってきますので、
その点も押さえてトレードに臨んで下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ