バイナリーオプションの国内と海外の違い

バイナリーオプションのサービスを行う国内業者、
海外業者の口座開設の方法の違いを紹介したと思うのですが、
他にも取引方法や、取引金額などにも違いがあります。
バイナリーオプションを国内で利用している方は知っていると思いますが、
国内のバイナリーオプションでの利用で、一回の取引に対す最大取引金額は、
数万円程度までしか、取引が行えません。
これは国内バイナリーオプションの利用者のリスクを減らすメリットでもあります。
海外バイナリーオプションでは、国内に比べて、
一回の取引金額で、最大数十万円の金額での取引が可能です。
ハイリターンを望む方にはとても魅力的な取引方法だと思います。

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションとでは、
取引方法やサービス内容に違いがあります。
どちらの業者のサービスを利用する事がおすすめなのか一概に言えないのですが、
バイナリーオプションという投資自体は、投資初心者には、
投資を始めやすい内容だと思っています。
バイナリーオプションを始める際は、サービスを提供している業者を
選定する必要があるのですが、初心者の人はまずは国内業者から取引をすることを
おすすめします。
バイナリーオプションについて詳しく書かれているページを貼っておきます。
初心者の人でもわかりやすく書かれていて国内業者の情報など、細かく説明してあります。今後の業者選びの参考にもなると思うので、かなりおすすめのページです。

取引方法にも違いがある

国内と海外で主流と去れている取引方法は同じでハイロウ方です。
取引終了時点の価格値を、ハイかローで予想する2者選択投資です。
国内では、このハイロウ型での取引しか対応していない業者が多いのに比べ、
海外では、他の取引方法も存在します。海外で利用できる取引方法の種類は、
ハイロウ型、ワンタッチ、レンジ、60秒オプションなどの取引方法が利用できて、
それぞれが、魅力的な取引方法なので、後に、詳細を紹介します。

海外でのトラブル時の対応

海外業者を利用していて、万が一トラブルが発声した場合、
言語が伝わらないなどの問題は発生しないのかなどの多くの不安の声が上がっていたので、
その件に対して、回答させていただきます。
海外業者は世界に向けてバイナリーオプションのサービスを展開していて、
世界中の投資家達が参入しています。
これにあわせ、海外のバイナリーオプションは、
各国の言語にあわせて、取引画面、サポート、オペレータなどの設備を整えています。
万が一のトラブル時にも、日本語の通じる方への問い合わせもできますし、
きちんと、問題解決するまで、対応してくれますので、
国内業者を利用している感覚と殆ど変わりはありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ