2014年、国内バイナリーオプションのに起きた2つの変化

2014年のバイナリーオプションに起きた2つの変化とは。
2014年中に起きた国内のバイナリーオプションの大きな2つの変化について
振り返りつつご紹介したいと思います。
2014年も終わりを告げようとしています。
あなたのバイナリーオプション・トレードにとって今年はどのような年だったでしょうか?
国内のバイナリーオプションには、今年2つの大きな変化がありました。

その1つは、新基準ルールの普及。
2013年11月に実施された国内バイナリーオプションの規制。
2014年は、その規制に従って各社がリニューアルした
サービスが本格的に普及する年となりました。
結果的に、リニューアル以前に心配されていた業界の沈み込みも起こらず、
トレーダーにとっては明るい年になったのではないでしょうか?

昨年、バイナリーオプション規制の内容が明らかになった時点では、
それまで人気が高かった短時間の取引が規制されたり、
それまで国内にはなかったラダーオプションという
取引方法に移行することもあって、不安視する声が大きかったです。

最悪、国内のバイナリーオプションの顧客が減少し、
バイナリーオプション業界がさびれることを予想する人までいました。
けれども、今年一年を見れば明らかな様に、そういった心配は杞憂に終わり、
無事、新基準のバイナリーオプションが定着することに成功したと言って良いでしょう。
最初の頃は、ラダーオプションに苦手意識があったトレーダーも、
規制前の取引よりも高いペイアウト率が狙えるという事実もあって、攻略が進みました。
その結果、両建て戦略や、レンジオプションを形成するといった
攻略法が確立されて話題になったりしたことは記憶に新しいですね。

国内バイナリーオプションの2014年の二つ目の変化

2つ目の大きな出来事は、新規参入会社の躍進ですね。
代表的なのが、オプトレ。
元はサイバーエージェントFX社の運営だったものが、YJFX社に移管となり、
そのブランドの下で、8通貨選択できることや、多くの通貨を同時表示し
比較できるチャート機能の提供などで話題となりました。このあたりは、
流石のヤフーグループといったところでしょうか?
今後更に良いサービスを提供することにより他業者も刺激し、
業界全体の活性化に寄与してくれそうですね。

この様に、2014年は国内のバイナリーオプション業界にとっては明るい年となりました。
来年も、複数の業者が参入することが予想されます。
年末年始休暇を利用して、バイナリーオプションを始めるチャンスかも知れません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ